翻訳会社に依頼する以外の方法はないか

webサイト翻訳を外注する以外の選択肢は?

webサイト翻訳は、翻訳会社へアウトソーシングした方が高品質な結果になります。餅は餅屋とはよく言ったもので、欧米諸国の文化や本場の英語に明るいベテラン翻訳家が訳した方が、web上のビジネス文書は読者に伝わりやすいです。ただ費用やスケジュールの関係で、翻訳会社に依頼する以外の方法を模索したい、と考えている経営者の方々もいるかもしれません。そんな時はとりあえず社内で、ビジネス文書の翻訳が出来る人材を探してみましょう。留学経験がある若手社員や外資系企業に長年勤務経験がある中堅社員、過去に翻訳会社に在籍していた女性などであれば、webサイト翻訳は十分請け負えるでしょう。社内に英語力と海外文化に精通した人材がいれば、外注する必要はなく、特に一般的な内容であれば普通の日本人社員でも比較的短時間で、高品質なwebサイト翻訳が済ませられます。

フリーランスの翻訳家に依頼、または無料翻訳サイトを使う手も

知り合いに評判の良い翻訳家がいるなら、その方にwebサイト翻訳を依頼する方法があります。お互い顔見知りなら話は円滑に進みますし、希望する条件や求める品質やフォーマットなども、口頭でカジュアルに伝えるだけでOKなので、依頼する側の労力は低いです。ただ翻訳会社に依頼する場合と同様に当然翻訳費用は必要です。友人だから割引価格でお願い、とつい言いたくなるかもしれませんが、それはビジネスマナー的にNGな行為となります。

webサイト翻訳の量と難易度が低ければ、いわゆる無料の翻訳サイトを利用してみるのも良いアイデアです。最近の無料翻訳サイトは精度が向上しており、一般的なビジネス文書であれば、かなり自然な仕上がりになります。専門用語や欧米特有の言い回しなども、読みやすい日本語に置き換わるので、使われている単語が少なく短いwebサイト翻訳であればとりあえず無料のサービスを活用してみるのがオススメです。