翻訳会社に依頼するデメリット

ベテランの翻訳者に任せると費用が高額になりやすい

webサイトの翻訳作業を専門の翻訳会社に依頼する場合には、常に品質の良い文章を手に入れることができるものの、担当者の経歴によっては高額な出費が発生するというデメリットもあります。特に、海外生活の経験が豊富な翻訳者が多く在籍している翻訳会社の中には、一回あたりの翻訳料金が高く設定されているところが多くあり、長期的に契約を結ぶにあたっては、少なからず経営を圧迫することもあるため注意が必要です。また、様々な事情により翻訳会社を利用を検討する時は、無駄な出費を最小限に抑えるために、定額制の明朗会計のコースが用意されているところや、追加料金が発生しないシステムが導入されているところを選ぶことがおすすめです。

依頼から納品までに長い時間が掛かることもある

実績がある翻訳会社にwebサイトの翻訳を任せる場合は、顧客数や担当者の語学力によって、依頼から納品までに長い時間が掛かることもあるため、具体的な納期について担当者にきちんと確認を取ることが大事です。たとえば、雑誌やインターネットなどで話題の翻訳会社については、年間を通して依頼者が多く、納品までに一か月ほどの期間が掛かるケースも少なくありません。また、専門用語が含まれる長文のテキストの翻訳をお願いしたい時は、早いうちから各地の翻訳会社に在籍する専属の翻訳者の経歴や得意なジャンルについて調べることが大切です。その他、翻訳作業の流れについてカスタマーセンターを通じて問い合わせをしたりすることも大切です。